TOP > スポンサー広告 > キャラ紹介TOP > MapleStory > キャラ紹介

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラ紹介

2008年06月25日 00:00


メイプルストーリー李鯖でこそこそ活動している筆者のキャラクターを紹介します
ステータスやスキル振り、装備などは公開するつもりはないです、ごめんなさい


尚、ここに掲載されているキャラクター以外で筆者を名乗ることはありません
サーバーのどこかで似たような格好や名前の人がいらっしゃる場合、その方は筆者ではありませんのでご注意ください








 

1st
Name:AvswliJahr
Job:ボウマスター
Lv:151 
Pop:398 

初代キャラクター、所持キャラ中では最も高齢
2008年8月頃に作ったキャラクター
作った理由は「MCのバトル(というローカルルールがあった)で弓をやりたい」から

名前の由来はある英単語を組み合わせ並べ換え、
字数オーバーにより母音を幾つか抜いたためにこうなった
Avswliという単語は実際には存在せず、ちゃんとした読みはない
一応の名前の意味はあるのだが、特に誰かに教える機会があるわけでもないので話した事は一度もない
(ちなみにJahrはドイツ語で年という意味)

活動当初のMCのバトルが存在した時代が最盛期であり、
バトルが廃れるに従って活動をしなくなり、
2008年の冬に一度姿を消す

2011年5月のゴールデンウィークの末に復活し、BBのために前と全く変わったメイプルの仕様に苦戦しつつも、
数年越しの4次転職に向けて必死にレベルを上げ、5月の終わりぐらいにLv100を超える

が、弓の狩りそのものに飽き、なんとか気合で110まで上げたものの、その時には完全燃焼
城の実装に乗じて何度か吸いで5Lv上げたものの、完全に飽きて活動終了

その後もちょこちょことログインしていたが、いよいよすることがなくなり、7/24をもってまたも姿を消す

が、数カ月後のレジェンド職実装少し前にまたも舞い戻り、
そしてレジェンド職実装後に経験値2倍のホットタイムの恩恵にあやかりつつ、
2011年11月1日に晴れて4次転職を果たす

4次転職後は念願叶った暴風をメイプルワールドのあちこちで乱射しまくり、
現在も地味にレベルが上がっていっている
BB前所持していたキャラの最高レベルが153だったため、現在はその差10レベ圏内の射程となり、
いつか追いつき追い抜ける日が来るのかもしれないが、
それがいつになるのかはまだわからない

他のサブ達のレベルが140ないし145の壁を突破し始め、また再び狩りを再開した
といっても、基本は時間の神殿のクエストをちまちまと進めつつ、余った時間でBGをソロしているだけだったりするが、
と言っても流石はソロBG、といったところで、1回行くだけでもAとBだけで50%以上貯まってしまう
時間はそこそこかかるものの、それでも十分すぎるほどにおいしく、また唯一ソロBGができるキャラなので、
他のサブ達とはある意味一線を画するレベリング速度である
だがやはり単体職といったところか、複数相手が得意な職と比べて狩りづらさは残る
特にファントムにはあっという間にレベルを抜かされてしまい、しばらくは専門技術要員となっていた時期もあった
が、結局思い入れや思い出やら青い過去真っ赤な過去ダークマターな過去もイロイロあり、
他のサブ達がどれだけレベルを上げようが火力が上がろうが、不動のメインである

ある種の壁でもある153レベルまで残り僅かといったところ、もし本気を出せば余裕で追い抜けるかもしれない



                   
2nd
Name:GladyEater
Job:アラン(4次)
Lv:150 

弓とエヴァンの狩りに飽きが出始めた頃に作られたキャラクター
作った理由は「エヴァンが英雄ならアランも育てて然るべき」と考えたから

名前の由来はリア充爆発しろ、といったところであるが、
“Glady”という英単語は実際に存在する訳ではない

元々は暇つぶしのために作ったキャラだったのだが、アランの操作性にハマり、
弓やエヴァンよりもずっと速いスピードでレベルが上がっていったキャラ

周りの支援を受けながら育っていったために、特に何不自由なく3次転職まで進み、
その後はちまちまレベルを上げつつ、援助もあってジャクム産のスキルブックを確保し、
ついに城狩りによって120Lvに到達する

火力にこだわりがあるわけではなく、装備は貰い物や使い回し、ドロップ品などで済ませていたため、
120Lvになった当初は他のアランの火力と比べるて大きく劣っていた

120Lvになった後は一通りのスキルを使って満足し、何年かぶりのビシャスに何度か通った後、
ルネサンスアップデートによるスキルの仕様変更に伴い、目標を達成したために役目を終えた

顔20であるのは、メイプルログアウト時に稀にもらえるプレゼントで整形ランダムを選んだため
個性的な表情が見れるので、ここから顔を変えるつもりはない

現在ではビシャスに挑むも返り討ちにされ、を繰り返しつつ、
日に日に、微々たる差ではあるが強くなっていってるキャラである
いつかビシャスをボコボコにできる日は来るのだろうか

2月29日のアップデートによってアランが大幅に強化され、
調子に乗ってビシャスをボコボコにしたりする内に140レベルに到達する
瞬間火力的にはそこまで高い方ではないが、それでも十分英雄たる火力があるため、
大満足なキャラである

その後髪型を初期のものから変更して、見た目は一応の完成を見る
いつか装備も完成させたら、後はレベルを上げるだけになるのやもしれない

その後140装備を5セット揃え、強化は武器をそこそこに一応の完成を見る
武器の攻撃速度が格段に上がったため、狩りの効率がかなり上がり、アランの楽しさを存分に満喫できるようになった
アランそのものの柔らかさについてはまだ若干の不満が残るものの、火力も大幅に上昇したため、
残りは狩りを楽しみながらレベルを上げていこうか、といったところである


                  
3rd
Name:AvswliFianna
Job:パラディン
Lv:149 

Avs一族、冒険者一族としてはそれぞれ2代目である、
永遠の2番手のような存在のキャラクター
作った理由は「パラディンをやってみたいから」

名前の由来はフィアナ神話のフィアナの騎士団が由来
片手剣と盾の組み合わせが好きで且つ、メイプルを始めた当初から抱いていた、
“魔法戦士”的イメージを原動力に育成されたキャラ

MC2を卒業するまでは順調に育っていったのだが、
その後の狩りにおいてやる気が沸かず、
スピードも次第に遅くなり、最終的にレベリングが停止されるという、
ある意味2番手ならではの扱いを受けている

他のサブキャラ達が140レベルを超え始め、上げづらくなったために育成を再開する
上げては止まり、止まっては上げを繰り返しつつ、地味に4次転職を達成
その後は取れもしないアドバンスドチャージに夢を馳せつつ、またのんびり上げては止めを繰り返していた

その後アドバンスドチャージを取得し、コンバットオーダーで更に火力が上がり、
おまけに140装備を5セット揃え、尚且つ戦士スキル改変を受けて機動力まで上昇してしまった
カンストの防御力とプレッシャー、コンバットオーダーによって、所持キャラの中では唯一生ホンテを経験したキャラでもある

防御職というよりは殆ど無敵職と言える頑強さ、ラッシュに加え機動力が底上げされたダッシュ、
複数と単体でそれぞれ使い勝手の良いチャージブローとブレストに加え、
パラディン本来の弱点を突いて戦う楽しさ(と言っても、雑魚相手ならほぼ一撃であるのだが)が相まって、
非常にレベリングが楽しいキャラである
現在は目標レベルの145Lvに到達し一旦休憩中、次の目標レベルは155Lvである


merce.png 
4th
Name:TheRed
Job:メルセデス(4次)
Lv:142 

レジェンドアップデート当日に作られたキャラクター
育て始めた当初は「英雄職だから」といった理由で育てていたが、
スタイリッシュかつ高い機動力、スピーディな狩り、高い火力、と、
まさに英雄といった感じの魅力に取り憑かれ、病気レベルで育て上げたキャラクター

地味にレベルの上がっていた弓のレベルをほんの数日で追い抜き、
筆者のメイプル史では最速の6日で4次転職を果たすという異常事態になる
その後もまたしばらくレベル上げを続け、新しい多彩なスキルを駆使して一時期はキャラ最高レベルになったが、
MBや装備の高騰による反動でやる気をなくし、活動を停止する

現在では弓の復活に伴い、また徐々にレベルも上がりつつある
MBもある実用範囲内程度に成功させ、1日2回のビシャスでちまちまとメルと経験値を稼ぎつつ、
いつか140レベ装備をつけることが夢である

STRに合計40ほどAPを振っており、それのせいか、それとも装備を集めていないせいか、
地味に狩る気力が起きず、他のキャラに置き去りにされてしまっているキャラクター
狩りの効率の高さは言うまでもないのだが、なぜか、本当になぜか、といった感じである
なぜだろう・・・?





5th
Name:AvswliMahr
Job:キャノンブラスター
Lv:71 〓

レジェンドアップデート当日に作られたキャラクター
リンクスキルシステムの条件で70レベルが必須なために上げられた、という、
魅力と言うよりはその特性の為に活動を行なっていたために、他のキャラとは若干異色な生い立ちである
名前の読みはマーとも収納さんとも

キャノンシューター固有スキルによって、他の冒険家などの職業よりも多くの所持アイテムを持つことができるために、
現在では物で溢れるIDの為の倉庫1番手と化しており、
消費欄、ETC欄共にフル活用されているため、事実上育てることが不可能なキャラクター

完全に倉庫であるため、リンクスキルを使ったりイベントが開催されている間以外はほとんど出番のない子である
特に思い入れがある訳でもないが、何となく同情の念を禁じ得ないのはその不遇さ故か
現在は倉庫兼アイテム移動役兼不要なアイテム販売役兼釣り放置役とイロイロと兼ねており、
ギルドでは育成をしてないにも関わらず貢献度が4位になっている
それだけログイン時間が長いということなのだろうか、活躍の機会は地味にあるようだ



6th
Name:TheAvs
Job:デーモンスレイヤー(4次)
Lv:135 

レジェンドアップデート第二弾、デーモンスレイヤー実装当日に作られたキャラクター
育てた理由は「なんだか面白そう」だったから、という非常にいい加減なものである

友と競争しながらレベル上げをしていた状態だったために、
メルセと同じく非常に早いスピードでレベルが上がっていったが、後半はモチベーションを崩して失速する
モンスターパークで人を集めて狩りをしたり、はたまたルディブリアムの奥に潜ってソロ狩りをしたりしていたが、
一旦116レベでストップしてしまう

以降は暫く沈静化していたものの、徐々に活動を再開し、4次転職を果たす
デーモンスレイヤーのえぐい火力の高さをあちこちで目にしていたので、何となくテンションの上がりはゆるかったものの、
他のどの職業とも全く異なる職業性によって120まで引き上げられたキャラクター

現在では1日2回のビシャスでメルと経験値を地味に貯めるべく活動中である
その後、極端な弱体化を受けて活動を停止する
現在は多すぎるアイテムの為に第二の倉庫として活動中だが、
今度レベリングを再開する時は果たしていつになるだろうか

その後テンペストアップデートにて微妙に復活
マスタリー、メタモル、デビルクライ、ダークバインド等のMBを成功させ、
またある程度の装備も持たせ、随分と狩りをしやすくさせた
まだまだ火力不足感が否めないが、これからはハードスキンを上げ、被ダメを減らすべく育てていく感じ



   

7th
Name:ノヴィッジ
Job:ソウルマスター(4次)
Lv:120 〓

ギデオンの前も考えると最早何代目かもわからないシグナスキャラクター
究極の冒険家実装によってシグナスを120レベルにし4次転職させることに若干の有意義を見出したために、
これまた猛スピードでレベルを押し上げていったキャラクター

アランやデーモンスレイヤーと違い、攻撃による移動ができない事や、
3次転職してもしばらくの間の主力スキルは2次のソウルブレイドだったりと、
育てるのに若干の障害があり、戦士の狩りのしづらさに辟易しつつも、
100レベで取得できるソウルドライバー、
110レベで取得できるアドバンスドコンボにモチベーションを見出しつつ、
とりあえずの120レベルに到達し、レベルカンストとなる

その後、4次転職に必要な自然湧きのレッドドラゴンとグリフォンを粘り待ちして討ち倒し、
その後もあちらこちら大陸移動しつつつも、最終関門手前の4次転職を果たす

4次転職後、究極の冒険家作成の為に必要なアイテムを集めるためにハーピーに篭り、
2日かけて必要数のアイテムを集め終え、ついに自身の役目を完全に果たす

究極の冒険家を作って以降は、主に上げ逃げしたりアイテム経由したり倉庫の手伝いをしたりと、
存分に長い休暇?を満喫している

3/21のパッチでシグナス騎士団のアカイラムが実装されて以降、ほぼ連日通い続けている
野良で入った所でたまたま固定PTが組めたため、現在倒しその3倍くらい倒されつつ、鋭意奮闘中である

その後毎日アカイラムに通い続け、高貴な精神を6Lvまで上げ終え、
シグナスとしての完全完結に至る
このキャラクターで今後活動することはほぼないか



    nvi.png     

8th
Name:ノヴィック 
Job:シャドー
Lv:145 

シグナスを120レベルに叩き上げ、究極の冒険家を作成したことにより生まれたキャラクター
名前は以前の倉庫キャラから継承させ、キャラクター的にはシグナスの継承者、と
ある意味2つの看板を背負っていると言えなくもない

メインIDでは初の盗賊キャラであり、
原動力としては前々から憧れていたアサルターとシーブズが主である

若干3次のスキル振りに悪戦苦闘しつつも、徐々にそのレベルを上げていき、
メルセデスほどではないが高い機動力もあったお陰で、すんなりと120レベルまで上がる

その後はまったりゆったり、と言った感じで弓の成長の後ろでコソコソとビシャスを狩り、
徐々にそのレベルが上がっている状態である

と言っても、モチベの要であった暗殺とブーメランステップを取得したために、
現在の目標は140レベル装備に注がれている
また、究極の冒険家であるために、装備可能レベルを10レベル下げて装備できるため、
メルセデスよりも先に140レベル装備をつけられるかもしれない

その後、ブーメランステップを振りつつ、ビシャスにも通い続け130レベルに到達し、
混沌強化失敗で安くなった140防具を装備して、一応の装備完成を見る
個人的には見た目のこともあり、武器を新調したいところであるが、
140の盗賊短剣は少々値が張るため、手が出せずにいる
が、火力的には十分満足しているため、当分は問題なさそうである

今は更なる盗賊強化アップデートを待ちつつ、じわじわと140レベルを目指そうとしている

Justice第一弾アップデートによって盗賊が大幅に改変され、狩りのスタンスにややの違和感を覚えるも、
その後すぐに順応し、アップデートの勢いもあってすぐに140レベルに到達する
個人的には瞬間火力職な感じになってしまった感じが否めないか

更にその後複数の新職が実装され、なんだか立場も怪しくなってきてしまったが、
それでも尚必殺の暗殺にはロマンが残る
MBが大分揃った為、狩りもかなり楽になり、後はハイパースキルの実装を待ちながら育てるといった感じ


                

9th    
Name:CorSidus    
Job:エヴァン(9次) 
Lv:145 

連合の進撃アップデートにより、エヴァンの育成が若干サポートされたため、
先代エヴァンをキャラデリして新規で作ったエヴァン
名前の意味はラテン語で星の心臓、このキャラを作った日は丁度綺麗な星が見えたためである
(コアがラテン語と知ったのもこの時)

いつか作る予定ではあったものの、レベルアップによる装備支援が暫く続いたため、
武器や防具には暫く困らず、またレベルもすんなり上がっていったキャラクター

進撃アップデートによりエヴァンが大きく改善され、
火力、範囲、スピードの三拍子を揃えた、まさに魔の英雄らしい職になったため、
MC2がなくとも、作って3日で7次転職し、1週間後に120レベルとなる
友の助けもあり、9次でSBが必要なフレームホイールとマジックマスタリーもあっさり取得し、
後は10次転職を目指すのみとなった

現在は140レベルになって神殿に行くために活動中であるが、
140レベルになった途端熱意がアランに向くであろうことから、10次転職を迎えることはできるのか不安である

140レベルに到達し、混沌強化失敗で安くなった魔装備を買い集め、一応の装備完成を見る
元々高かった火力が更に伸び、更に3/21のアップデートで攻撃速度が更に上がったため、
所持キャラの中で唯一ジャクムソロを本体含めてクリアできるキャラクターである
瞬間、最大火力共に申し分なく、TheRedやGladyを超える火力をも手にしたが、
それでもビシャスソロだけは弓のタイムを超えることができないのはサブの宿命か

その後3/21のアップデートで更に攻撃速度が伸びたため、ついに弓と同等レベルの火力となる
弓がボスダメファミリアを出してやっと追いつけるために、そのマジキチっぷりは流石英雄といったところか


                                                                     diz_20130126225431.png         
10th
Name:ディゼーラ
Job:ダークナイト
Lv:147 

デュアルブレイドが4次転職したために、いよいよ育てるキャラクターに困って作ったキャラクター
原動力は「イエペペでDKがやってるロア狩りカッコイイな」と思っていたから
最近始めたばかりの人にはわからないかもしれないが、古参の人は何となくわかってくれるかもしれない

レベルの割にそこそこ火力が出るため、狩場にはあまり困らず、気が向いた時に好きな狩場へ行ったりしている
現在は4次転職後のダークインパラを目指してガリガリとレベルを上げているが、
リアルの事情でなかなかレベリングの時間が取れないため、いつ120レベルになれるかはわからない

が、120レベルになると途端に狩りが楽しくなり、「ダークナイトっぽい」狩りを楽しんでいる内に徐々にレベルが上がる
ダークスピリット、ダークインパラのスキルを振り切った後今度はダークフォースにSPを振り始めるが、
このスキルだけMBに苦労し、20がフリマに置いてないという絶望的な状態になる
辛うじてスペシャルマスタリーブックを使うことで30レベルまで振れるようになったが、これがなければ先行きが不安なキャラであった

現在は一旦停止中、自身の方が後に生まれたのにさっさとパラディンのレベルを追い越してしまったため、
現在はそちらのレベル上げに専念している

その後ぼちぼちとレベルを上げていくうちに、ほとんどのスキルを振り終え、
更に転職レベル改変によって、もはや振るスキルがなくなってしまった
現在はハイパースキルの実装待ちをしながら、時間の神殿奥で隊長や兵士達と戯れながら金を稼いでいる




11th
Name:フィグミス
Job:バイパー
Lv:145 

ディゼーラが4次転職したために、とうとういよいよ育てるキャラクターに困って作ったキャラクター
動機は「とりあえず殴ってみたい」から、銃は既に弓という暴風職がいるので何故か靡かなかった
とりあえずは140レベルを目標に、育成を開始する

アップデートにより大きく改変され、職単体でもかなりの火力が出るために、格上をガリガリ狩ることができる
パンチ→ダブルスパイラル→パンチ→・・・とメルセデスのようなラッシュ連携ができ、これだけで殲滅できることも多く、
狩場を行ったり来たりしている内にレベルが上がっていることもしばしば

そんな風に遊んでいる内に気づいたら120レベルになっており、計測してみたところ1日半程度しかかかっていなかった
メルセデスの最速4次転職を更に追い抜く「きもちわるい」スコアを叩きだしてしまった
4次転職後は更に無駄に火力に磨きがかかり、同格程度ならほぼ確1で倒せてしまうほどに
単体、複数共にぶっ飛んだ性能になっているが、それでもボスソロのタイムは諸兄には敵わない

その後、140装備を5セット揃え、火力がかなり上昇し、現在は時間の神殿やモンスターパークでザクザク狩りをしながら、
収納さんが釣り放置してる間に集まった原石を殴って精錬する役目も兼ねている
というか概ねこちらの方がメインのような気がしないでもない



            


12th
Name:セヴアス
Job:ファントム
Lv:171 

ファントム実装前から育成のための準備をしていたキャラクター
エンジェリック、120指輪、ホンネク、140防具5セット、ポケットアイテム、Etc・・・と上げればキリがない
1+1イベントの時にもらった経験値ツボを使い、バグが臨時メンテナンスで修正される前に使いきったために、
実装初日で70レベルという状態になる

その後も着実にレベルを上げ続け、気がついたら李ファントムランキング10位台に一時は乗ったものの、
徐々に追いぬかれていき、いつしかランキング圏外へと落っこちていたものの、
一時の夢を見させてくれたことにかなり満足している

レベルは手持ちキャラの中で最高であるが、火力そのものはMBが未完成なため高くはなく、
ビシャスのタイムはエヴァン、弓には迫り切れず、4次転職までにかかった時間は拳の方が圧倒的に早く、
複数においてやっとその真価を発揮できる程度である

現状は最もレベルを高いことを活かして金稼ぎ的なことを行なっており、いつしかMBを完成させることを夢見ている
MBが徐々に成功し、またHSを使えることもあって、ザクザクレベルを上げることができ、
いつの間にやら所持キャラ初の170Lv超えをしていた
現在は高いレベルと火力を活かして、IDでの筆頭稼ぎ頭である
火力も申し分なく、ボスグルにちょくちょく参加するわけでもないため、装備に関してもこれ以上を目指していく予定はない







13th
Name:イヴヴィス
Job:ハヤト
Lv:150 ↑

ハヤトが実装されたため作成したキャラ
前情報が殆ど無く、公式ページで明かされた情報の一部から「盗賊っぽいやつなのかな?」とか思ってたが、
蓋を開けてみればびっくり、戦士らしからぬ機動力を攻撃の速さを併せ持った、所謂強職といったところだった

攻撃スキルの殆どに移動や寄せ集めを伴うものが多く、
また素の移動速度もかなり速かったために、初日からザクザクレベルが上がっていったキャラ
操作性については若干デュアルブレイドと似通ったところがあったために、さほどは苦労しなかったのだが、
何分ジョイパッドのボタン数は限られているために、スキルの取捨選択を迫られたキャラクター

専用クエストで30Lvまですんなり上がり、
そこからカニスクやらモグラ×サソリやらロミジュリやらしている内に100Lvを超え、
更に「横の範囲無駄に広いなー」とか思いながら狩りをしている内に120Lvを超え、
新職ならではのその場4次転職を果たし、更に横に範囲の広い、複数特化職と化した感がある
三連斬の範囲の気持ち悪さに助けられつつも、イベントによる倍等のお陰で120を超えてからもサクサク上がり、
またMBが不要なMH的スキルのお陰で火力にも恵まれ、
最早文句のつけようもなくなってしまった

現在では150Lvを達成したために、時間の神殿のクエストを攻略しつつ、
他のサブ達のレベルが上がってくるのを待ちながら、刀を研ぎつつ次の出番を待っている最中である
個人的にはもう少し専用クエストがあっても良かったんじゃないかなーとか思ったり






     
14th
Name:千瑠葉
Job:カンナ
Lv:148 ↑

カンナが実装されたため作成したキャラ
ある程度得た前情報からは、「魔法使いらしい」、「ハヤトとは対になるらしい」、「ボス特化職」、
といったところで、「魔法使い初の暴風職かな?」とか思ってたのだが、
こちらも蓋を開けてみれば、どう考えても超範囲職であった

実装初期には移動スキルの地脈転移がランダム移動に変わってしまうというバグがあり(ジョイパッドのみ)、
ハヤトと比べて初期は非常に狩りづらいスタンスを強いられた
一時的にはジョイパを使うことを諦めキーボードで狩っていたほどでもある

素の移動速度はどちらかと言えば鈍足で、前述の地脈転移のバグもあり、
その点においては確かに「ハヤトとは対」となるキャラクター性能であった
初日からザクザクレベルが、とはいかなかったものの、
上下左右に範囲の広いスキルが多く、また地脈転移のバグが修正されてからは大幅に狩り性能が向上したため、
その後はどんどんとレベルを上げていくことができた

ハヤト以上にスキルが多く、またどれも個性の強いスキルであるため、
ハヤト同様、スキルの取捨選択を迫られたキャラクターである

こちらも専用クエストで30Lvまですんなり上がり、
あっという間に70Lvを超え、HSをもらいながらロイドを狩る内に、
「ロミジュリでのロイド狩りの経験値がもとに戻った」との情報を耳にし、これに乗り込む
ハヤトの方はカンナ育成時に休眠していたために、実質暁勢でロミジュリに乗り込んだのはカンナのほうが先であった

範囲が上下に広いことを武器に、
鬼神召喚で湧きを増やしつつ、上下にポコポコ殴るという非常に嫌らしい立ち回りをし、すんなり4次転職を果たす

そこから更に広くなった範囲スキルを駆使しつつ、どんどこレベルを上げる内に、いつの間にやら150レベルに迫っていた
現在は他の魔法使いを育成するために休眠中、リンクスキル・キャラ札効果的にも非常に嬉しい状態となっている






15th
Name:フィウィア
Job:デュアルブレイド
Lv:148 ↑

待ちに待って待ちまくった、と言っても過言じゃない程度に待っていたDB改変に併せて作ったキャラクター
先代DBも持っていたのにどうして?と言われると、主にイベントで貰える指輪に釣られたのと、
後は先代DBのAP振り、スキル振りが殆ど壊滅状態であったから、というのが非常に大きかった
ちなみになぜ♀なのかと言えば、持っていたピラテやらミストアーマー等の盗賊用L%の装備が♀専用だったからである
髪の色は千瑠葉の肌の色を変えた際についてきたランチケの結果
金髪ツインテールとかどこのアニメキャラだよ、とかのツッコミはしてはいけない

DBを育てる上で問題になるMBについては、ほとんどがイベントで支給されたために何の問題もなく、
4次のMBで新規に登場したデュアルエキスパートや既存のダミーエフェクトは成功させ、
残りはSPMBであるブレイドフューリーを成功させるのみとなっている

大幅に改善、というよりは強化されたスキル達であったが、何分同じ職業を2回も、というのはやはりしんどく、
レベル上げにもそこそこ時間がかかってしまった
とは言ってもやはり強化されたDBはめちゃくちゃ強い、なんてことは言うまでもないのだが
装備については基本貰い物+拾って潜在にL%がついたものを使っていき、
最終的にシャドー同様140装備を6セットコンプリートするに至る

火力上昇スキルと装備補正によって、リンクスキルや移動可能な指輪等を使わずとも十分過ぎる火力が出、
また高い回避の為に薬を殆ど使わず、前のDBとは打って変わって超黒字な職と化した

現在では例に漏れず他の職を育てているために一時休眠している
ちなみに一番面倒くさいのは、男どもと共用しても問題無さ気なアバターを考えることである
やはり♂にしておけばよかったか


     det.png 
16th
Name:ディテンダー
Job:アークメイジ(氷、雷)
Lv:140 ↑

イベントにより戦士・魔法使い・弓使い&弩使い、レジスタンス職業群が改変された為に作ったキャラクター
「フレイムギアを使える氷雷魔を作りたい」ということで、実はこのキャラを作るにあたって、シグナスを一体120Lvにまで上げ、
尚且つ4次転職させ、究極の冒険家クエストをしてまで作成されたキャラクターである
作成までにかなり時間をかけられたキャラクターであるが、育成には殆ど時間がかからず、
4次転職はキャラを作成して1日とかからず、オマケに140まで育つまでに計48時間かかったかどうか、といったほど、
フィグミス以上にきもちわるいスピードで育っていったキャラクターである

装備については、この時から装備合成を始めたために、殆ど魔法使いらしい装備をせず、
白ずきんにオレンジ色Tシャツ、等と言った初心者用装備を今でも装着している
一応はちゃんとした装備を用意してはいるのだが、人気度が足りないために装着できずにいるといったところ

ハヤト、カンナ同様、140レベルを超えても140装備をつけれないキャラクターであり、
武器は60%を6枚貼りつけた雷の杖を装備している
が、素のLukが4であり、リンクスキルの補正がなければ装備をすることができず、
他のキャラの育成を開始すると同時に自動的に武器が外れてしまう悲しいキャラクターである

とは言っても、Lukの必要なしに装備できる武器がイベントでもらえた上に、
その武器もそれなりに強いため、雷の杖なしでもそこそこの火力が出る
チェインライトニングの範囲も、連鎖すればかなりのものになるために別段狩りにも困っていない
欲を言えば、もう少し出番を用意してあげても良かったかもしれないキャラクターである

アップデートによって装備の要求値がレベル、もしくは主ステータスのみとなったため、
何の苦労もなく雷の杖を装備することとなる
テンペストアップデートによって実装されたヘリシウムマントを手に入れるべく、
コインをひたすら集めることに熱心な子と化した
尚、この時同時に髪と顔を整形、どちらもそれぞれ1回行った結果であり、割りと満足している



       lowz.png   

17th
Name:ロウズニーヴ
Job:クロスボウマン
Lv:140 ↑

キャラスロが余ったために作成したキャラクター
前々から思っていた「弩って楽しいのかな?」という疑問を払拭するために作られたキャラクターであり、
その点においては他のサブ達と若干異なる点がある
どちらかと言えば、収納さんと似たり寄ったりな点があるかもしれない

ディテンダーが140レベルを達成したために育成を開始する
装備は合成によって予め準備しておいたために、後は武器の調達と手袋をどうにかするだけ、となっている
個人的にはのんびり育てたいと思っているのだが、友人曰く「育て始めたら3日で4次する」とのフラグを立てられてしまった
結局、育て始めて計3日以内に4次転職を果たしてしまったという恒例のレベリングスピード
見事にフラグ通りになってしまった感もある

4次してからは、「ああ、狩りが不便だなあ」なんていう冒険家弓特有の面倒くささを肌身に感じつつ、
のんびりまったりと徐々にレベルを上げていく事となった
基本的にピオシングとDパルス以外使う機会があまりなく、また、ピオシングもある程度振らなければタゲ数が増えない上、
そのピオシングの発射にも溜めが必要であることから、必然的にロースピードでの狩りを余儀なくされている
まあ、結局やってて楽しめているので最たる問題は感じてはいないのだが

転職レベル改変のアップデートを受け、SP振りが大幅に進み、同時に狩りの効率もかなり上昇した
・・・とは言ってもやはり冒険者補正と言うか、ハヤトやメルセデスのような狩りスピードは出ず、
またカンナやアラン、ルミナスやエンバスほどの火力も出ないなど、
色々な意味でロマン溢れる職、ということに益々磨きがかかった

顔と髪は限定のランチケを1回ずつやった結果
同時にやったディテンダーと比べて大分ネタ寄りな感じになったが、これはこれで愛嬌が・・・ないか


awi.png

18th
Name:アウィナ
Job:ルミナス
Lv:142 ↑

テンペストアップデート時に作成したキャラクター
前々から氷雷魔を作ったり、合成装備を作っておいたりとそこそこの準備を済ませてから作成した為、
特に不自由をすることが無く、サクサクとレベルを上げていったキャラクター
一通りの武器・防具等はイベントで支給されたものの、
それら全てを装備+セット効果をつけても、自前で用意した装備のほうが強かったため、不要なものは殆ど分解してしまう

専用クエストを進めていく中で、もしかしてこの職は中二病特化ではないか、と確信する
職の性能としては、光属性、特にライトリフレクションは氷雷のチェインの範囲と威力を強化した感であるなあと
闇、イクブリアム状態はボス特化なのかなと思いこそしたが、それでも3次スキルのスペクトラルライトが凶悪だった等、
はて対属性を使い分ける意味はあるのだろうか

狩りスピードといては、ライトリフレクションでバシバシ狩っていけるため特に不便を感じず、
また新職クオリティも同時に感じることとなる
MBの成功状態は余りよろしくはないが、140装備をつけずともそこそこ火力が出せたので、
火力は後はMBで補正すればいいかなと思っているところである


bell.png
19th
Name:ベルヴェラ
Job:カイザー
Lv:137 ↑

テンペストアップデート2nd時に作成したキャラクター
メンテナンス完了後に作成が可能になるのかと思っていたら、まさか日付が変わると同時に解禁されたりと、
久しぶりにネクソン仕事したんじゃないか、と思わせられたのは秘密である

こちらも合成装備をある程度準備し、また武器が両手剣ということで、
かぼちゃランタンや日本列島、M武器や140両手などある程度揃えていたため、
武器に関しては特に問題なく育てられた
またイベントで120装備が支援された為、こちらも必要なもの以外は分解にかけ、
最上級結晶を稼ぐためのおいしい道具と化した

職の性能としては、もうFJが使える戦士、という時点で文句はつかないのだが、
フィギュレーションで物理無効・反射を貫通できたり、
またコネクト等で素早く上方の足場に登ることが出来たりと、果たして戦士なのかと疑いたくなる機動能力もあり、
新職補正流石新職、などと思ってしまった状態である

火力に関しても文句はなく、また140装備を一応5つ揃えているため、早いとこ装備させてどうなるか実験もしてみたい
ただ武器の振り速度が大きく響くこともあるため、場合によっては紅時雨などを使って狩りをする必要もあるだろうか

どうでもいいが、効果音をONにしていると、スキルの使用時にキャラが喋るのだが、
特にカイザーはこれがなかなか残念なボイスであることは割と知られていないのだろうか?


lewi.png
20th
Name:レウィナヴ
Job:エンジェリックバスター
Lv:138 ↑

テンペストアップデート3rd時に作成したキャラクター
これもまた合成装備をある程度準備させ、また最終装備予定のものも幾つか揃えておいたため、
装備には不自由なくレベルを上げることができた

実際にやってみての感想としては「一発屋」というのが大きく、
最近の風潮だった論外多段攻撃はどこいった、な感じの単発大火力型職である
その為格上狩りがしづらく、レベル差による命中で泣かされたことがままあった

レベルが上がるにつれ、スキルが充実してはいくものの、リチャージに失敗しまくってスキルが少なくなるなど、
絶望的な状態になることもまだまだ少なくはない

ボスに対してはその大火力で討伐速度はそれなりに早いものの、まだスキルが揃っていないのも含め、
他の主要キャラ達よりは若干遅目な感もある

見た目に関しては、変身時のUIが別であるため、特にアバターを考える必要がないというのがメリットか
髪がそのまんまピンクなのはなんだかな、って気もするが、
これの色を緑に変えればもしかしたらミクっぽくなるんではないか、とも思ったりしている


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://poordoll.blog105.fc2.com/tb.php/540-5f146aec
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。