TOP > スポンサー広告 > SS撮影、画像加工の手引きTOP > その他 ツール紹介 > SS撮影、画像加工の手引き

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SS撮影、画像加工の手引き

2008年09月16日 18:56

そういえば少し前に書くよーと誰かに言った記憶があるので
紹介していきます

自分の持つ国語レベルを出来得る限り駆使して紹介していきますが
どうせ支離滅裂だろうと思うので
ソフトをダウンロードしたら後は自分なりにやってみる事をお勧めします。



これ読んで加工したら滅茶苦茶になった、みたいな苦情は聞きません
自己責任で。



※返
>>梵遼s
こんな駄ブログでよろしければ!

鯖違う?いいえ関係ありません

>>ねこ&悠s
結果的には悪戦苦闘したと思うんだ



家のPCにきずぐすりあったなんて知りません

まずはSSの撮影から。
俺はWinShotってソフト使ってます。
結構知ってる人も多いのでは?
ダウンロードはこちらのページから
ソフトをダウンロードしたらPCにインストールしておきましょう


※以下WinShotをWSと省略します。



ソフトの使い方。
WSを起動すると、
デスクトップ右下のバーの部分に
WinShot.jpg
こんな感じのアイコンが出ると思います。

※起動しても出ない、という方は再度ダウンロード、インストールしましょう



このアイコンが出たら、右クリックすると、
↓のような画面が出るので、環境設定の部分をクリックします。

WinShot2.jpg


※この部分はソフトの仕様上、SSなしで説明させていただきます。
わかりづらいかもしれません。ごめんなさい。





環境設定を開くと、まず最初に基本設定の画面が出てくると思います。
そこから、ファイルの自動保存先を選びましょう。
自分が撮影したSSの保存先を決めます。

場所はどこでもいいと思います。デスクトップでも。
俺はUSBメモリを保存先に設定していますが。

保存先が決まったら、追加を選んで、
保存したい先の場所を開きましょう。
最初からあったやつは削除しちゃっても構わないと思います。


画面下の方に、保存ファイル名を毎回指定する、や
保存後に毎回フォルダを開く、等の項目がありますが
それはお好みでいいと思います。ちなみに俺は設定してません。


※この部分もソフトの仕様上、SSなしで説明させていただきます。
わかりづらいかもしれません。ごめんなさい。




ファイルの自動保存先が決まったら、
今度はホット・キーという項目を選びます。
ここでは、どのボタンでSSを撮影するか、
保存形式は何にするか、などを決めていきます。

俺のやり方ですが、
保存形式はJPEGで保存(デスクトップ)
にしてます。
まあ、後の画像の加工が楽だとか
そういう面でです。
他にもビットマップだとかがありますが
編集が面倒くさくなりそうなので俺は使いません。
後の画像加工の部分で、改めてファイル形式を変えて保存できますし。




スクリーンショットを撮影するためのボタンの設定ですが、
保存するファイル形式をクリックして設定する際に、
下のホット・キー(Hの部分が変更可能になったと思います。
ボタンはそこから設定します。

ユーザー設定の部分にチェックを入れて、
横の入力欄の部分に文字バーを表示させましょう。
そしてキーボード上のどれかのボタン(例えばX)を押すと
入力欄の部分がXに変わると思います。
これで、XボタンでSSが撮れるようになります。

ボタンは殆ど対応してるみたいなので、
メイプルをキーボードでプレイしている方は、F10~12のどれかに設定した方が、
あまり邪魔にならないでいいと思います。




これでまず、SS撮影方法の解説を終わります、が
大変わかりづらい内容で申し訳ありませんorz
ああ、そんな目で見ないでください...





馬鹿やったところで、SS加工方法に移ります。
ソフトはPictBearって物を使ってます。
勿論フリーソフトです。ダウンロードはコチラから。
ソフトをダウンロードできたら、インストールしておきましょう。
途中で言語の表示はどれにするか、みたいな画面が出てくると思うので
Japaneseに設定しておきましょう。楽でいいです。



英語や中国語でもバッチこいな方はそっち選んでもいいかもしれません


※以下、PictBearはPBと略します。




まず、デスクトップにショートカットアイコンがあると思うので、
ダブルクリック→PBを起動します。
それでもって加工する画像を選択しましょう
ドラッグ&ドロップでもファイルは開きますし、ファイル → 開くでも開くことが出来ます。




さあ実戦しましょう
画像の加工から透過処理の仕方までを解説します。

PB.jpg






aaaiaaiuaiug.png





スクリーンショットは最初のサイズのままでは、大きすぎて作業がしにくいので
加工しやすいサイズに切り取りましょう。



PB (1)

まず、範囲選択アイコンをクリックします。


PB (2)

マウスの左を押しながら、こんな感じに大まかに範囲を決めます。
ある程度まで行ったら、指を離します。すると実線が点線になって点滅します。


PB (3)

選択した範囲の部分を右クリックして、トリミングを選択。
すると、画像が囲った範囲の大きさになりますます


PB (4)

あんまり大差ないけど
こんな感じに。





キャラ以外を塗りつぶします。
まずは右端にあるパレットで「サンプル」を選び、キャラに使われていない色を選択します。
大抵はピンクや赤紫、明るい緑などを使ったりしますね。

PB (5)

次に左のアイコンの中から自動選択ツールを選択します。
このツールは、クリックした場所と似た色を判別し、選択するツールです。


PB (6)

その辺をクリックすると、こんな感じに範囲が選択されます。
これでBackSpaceを押すと、周囲の色がパレットで選択した色になります。


同じ手順を何度か繰り返して、キャラの周りをどんどん塗っていきましょう

PB (7)

しばらく後の画像。
ちょっと塗り残しがあります が



PB (8)

選択範囲を一旦解除して


PB (9)

鉛筆ツールを使います。
これなら、細かいところもポチポチ埋めていけます。





塗りつぶし終わったら、今度はギリギリの大きさに範囲選択をします。
範囲選択ツールをクリックして、キャラの画像ギリギリに選択。(←ここ重要
少しマウスホイールなどで拡大して行うとやりやすいですね

PB (10)

これぐらいギリギリに。





インデックスカラーに減色します。
画面上部にある、インデックスカラーというのを選択します。

PB (11)



PB (12)

すると、多分こんな感じのウィンドウが出てくると思います
パレットは最適なパレットにしておきましょう。

そしてokを押すと、PB右側にあったパレットの部分が、
PB (13)

色は違うと思うけど、こんな感じに、なんかやたらと色が沢山ある画面になると思います。
ここで、キャラの周りを塗りつぶした色を探して、右クリックして、

PB (14)

透過色に設定しましょう





すると
PB (15)

こうなります。

ここまできたら、後は名前をつけて保存すればok
保存する時のファイルの形式はPNGをお勧めします。
画質がよりきれいになります。





どうだったかな?少しは参考になったかな?aaaiaaiuaiug.png


画像加工やSSの撮影などで、
これを読んだ人たちの少しでも多くの人が、
理解していただければ、幸いです。
また、今回はWSやPBを使いましたが、
勿論他のソフトでもかまいません。仕様は違うと思いますが。
あくまで自分個人が使ってるものを紹介しただけなので、
このソフトが他より優れていたりする等の、
他の方が作ったソフトを侮辱したり、差別したりするような行為ではありません。
重要です。はい。






以上で、SS撮影方法、画像加工の手引きを終わります!


コメント

  1. | URL | -

    ぼんりょう(躍動管理人)

    喜んで相互させていただきまっす!

    お互いまったりいきましょう

  2. たくきゃ | URL | -

    説明うまいですねe-348v-218
    この前わ、提灯ありがとうございました!i-238

  3. 悠愛 | URL | E6wUXrP2

    ぉぉwwwwww
    これでがんばってみる!w
    ありがとお^^

  4. burusu | URL | YEbHDM4k

    がんばれ2次予選

    お前ならいける!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://poordoll.blog105.fc2.com/tb.php/51-42fac0ca
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。